スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱大陸

久しぶりに見たけど、今日の情熱大陸は良かった。
人物はsuperflyの越智志帆でしたが、その情熱の凄さに驚いた。

常に自分に「足りない」ものを意識し、新たな壁を目指し登っていく向上心。
いつも最高のものを作り上げようとする集中力、こだわり、バイタリティ。

彼女は25歳ですが、自分が同じ年になったときに果たしてあそこまでの情熱を持って生きているだろうか。正直焦りました。と同時に大きな刺激を受けた。

最近、テレビとかで自分に年の近い人が活躍しているのを見ていると、なんだかすごく悔しくて、むかむかした気持ちになります。年が近いのに自分とどうしてここまで差ができてしまうんだろうという悔しさ。

だからその悔しさをバネに彼らに追い着こうという気合が入る。どうやったらそうなれるのか、常に考えるようにしています。

方向性は違えど、とにかくすごい人間になりたいという気持ちが強くなってきたんだと思う。「自分は常に足りてない人間だ」という飢餓感を持って何事にも取り組んで、すごい自分になりたい。

自分が今の会社で内定をもらえた評価のひとつに「成長力」ということがあります。
自分をより高いレベルへと成長させていく力。これからもどんどんそれを磨いて行きたい。

まだまだちっぽけな自分ですが、飽くなき成長は続けていきたいです。



Box Emotions

superflyの曲は個人的にも好き。あの歌声は心が震えます。セカンドも売れているみたいですね。



クリックお願いします。
  banner2.gif 
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

情報デバイド

ここ最近ものすごい勢いでパソコンのお気に入りが増えています。
気に入ったサイトはgoogleリーダーに登録して更新を毎日チェック。という感じ。

リーダーはほんと便利です。登録すればするほど読むのも時間がかかりますが、基本斜め読みで気になったところだけを読む。

だから自分が欲している情報だけ読んでインプットする、という感じです。
今や一番の情報源として活用しています。

しかし、このリーダーの存在を知らなかったらどうなっていただろうと思う。
知っている人と知らない人の間では明らかな情報デバイドが存在する。

特に現代は情報の流れが非常に速い。
これまた自分の身の回り(大学)の友人の情報力もかなりのものがあるから、常に意識して情報を更新していかないと、どんどん置いてかれてしまうわけです。

もちろん、置いていかれるのを恐れて毎日必死に情報収集しているわけではないけど、新しいサービスとかサイトとかにはやたら敏感になってきた気がします。
知っていれば知っているほど、生活が豊かになったり、充実したものにしてくれるサービスやサイトがたくさん生まれてきていますから。例えばtwitterなんて、これから日本でもさらに加速しそうですよね。

柔軟な頭で、様々な情報を受け入れる姿勢を身に付けるとともに、たくさんの情報に触れてどれが有益なのか判断できる目を持つことがこれから情報社会を生きるうえでも大切なことなのではなでしょうか。

よくわからない記事になってしまいましたが、もちろん情報をインプットするだけではなく、そこからどうアウトプットしていくかということも大事なので、そのあたりのバランスもしっかりとっていこうと思います。

考える技術


これとか読んで頭鍛えないと。


ワンクリックお願いします!
  banner2.gif 

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

YUCASEE

資産一億円以上の人しか会員になれないという恐ろしいSNSがあるらしい。

YUCASEE

SNS会員同士で定期的にオフ会も開催しているらしいですが、そこに来る人のレベルも全て資産一億円以上の人たちだけだから、それは恐ろしい。というか、日本には一億円以上の資産を持つ人口がどれだけあるのだろうか。そこが気になる。

まぁとりあえずまだ働いてもいない自分には関係ない話なので、今は少しでもこのような富裕層に近づけるために、コツコツと色んな知識を増やしていくしかないですね。
軽く「資産一億円」とか言ってるけど、そこにたどり着くまでには皆さん血のにじむような努力をしてきたのであろうから。

いわゆるニューリッチという新しい世代の富裕層は増え続けていらしい。
日本の場合、アメリカみたいにずば抜けて資産を持っている人達が少数存在するというよりは、そこそこにお金(それでも一億円以上はある)を持っている人が多数存在するとか。
だからYUCASEEにも人が集まるのでしょう。

しかし、こうやって富裕層がいい生活をする間にも、日本も格差は広がってきているわけで、先日も新聞で見ましたが、コンビニ強盗の件数も増えているんだとか。これは今の不況社会を反映した結果であり、今後もますます格差は広まっていくのではないかと思います。

日本の良さは映画オールウェイズの時のように、何にもない時代に皆平等に、平和に生きる社会でした。アメリカのような格差のない平等な社会が日本の良さでもありました。

しかし、現代においては格差の存在は避けられない。正社員・非正規雇用の問題、ワーキングプア、ニート・・と様々な問題がクローズアップされてきて、格差が広まってきているんだなーと感じます。

そしてこの格差が生む犯罪も多発しているのが事実。
秋葉原の事件とかはまさにその典型です。

自分が今の社会に逆らうことはできないけど、アメリカのスラム街のような地域が誕生してしまう日本は自分は嫌です。
オールウェイズのような格差のない平等な社会。
難しいことではあるけれど、日本にはそういう温かい社会であってほしいと願う今日この頃です。


ワンクリックお願いします!
  banner2.gif 

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

悲劇の事故死

プロを夢見ていた16歳球児 悲劇の事故死

こういう事件を知るたびに、人の人生って何なんだろうって思う。
どうして神様は彼を選んだんだろうって。

もちろん、被害者のバックグラウンドとかは全くわからないから、一概に彼を不幸だとか決め付けることはできないけど、この記事を見る限りでは、本当に理不尽で仕方が無い。

でも、昔から考えているのは、人の人生は平等であり、死ぬときは違えど、その充実感や幸福感は皆一緒だろうということ。
だってそうじゃないと納得できない。未来ある球児がなぜ犠牲になったのか納得できない。

おそらく彼は16年という短い人生を人並み以上に精一杯幸せに生きたのだと思う。
そう願いたい。本当にご冥福をお祈りします。



本田健が教える「富裕層になれる人・なれない人」

結構前の記事ですが、割と参考になりました。
本田さんの本は「ユダヤ人~」を読みましたが、今でも生きる上でのバイブルであります。

この記事においては、本田さんは富裕層になるために最も必要なのは、「質問力」だと言っています。

これは常に自分に「今のままでいいのか?」とか「もっと自分が成長するには今何をすべきか?」というように質問を投げかけ、その答えを考えながら、毎日の行動を改善していくというもの。

これは非常に大切なことだと思います。
人に言われたり、人の行動を見て変わることもありますが、まずは自分の意識から。
常に上を目指し、自らの行動や考え方を更新していかないと成長しない。

こうやっていつも自分に質問を繰り返していけば、ある日ふと全く新しい考えが浮かぶもの。
それに気がつくには、毎日繰り返して自分に質問を投げかける癖をつけるべし。

というものです。

やっぱり人間成長するにはいつも何かに疑問や好奇心を持ち、考えることが重要なんですね。
そうしないと、思考はストップし、成長を辞めてしまう。

自分の周りの「すごいなー」という人間も本当によく考えている人間が多い。
そして積極的にその考えを実行している。そしてどんどん自分の中で更新していく。

なかなか毎日意識してできるものじゃないし、どうしてもぐーたらしてしまうこともあるけれど、自己のさらなる向上に大事なことだと思います。


どうか優しいクリックを。
  banner2.gif 

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

人生とは

非常に面白くて、神様は時々とんでもないプレゼントをくれたりする。

先日、サークルの友人何人かとで神宮球場のヤクルト対中日を観戦してたんですよ。

2位3位決定戦だったこともあり、外野の自由席もイニングを重ねるごとにファンで埋まってきて、試合も白熱した展開にスタンドは沸いていました。

その日はほんとたまたま友人がチケットあるというから、ヤクルトファンでも中日ファンでもないのに、野球が観たかったからついていっただけで、そしてたまたまヤクルト側の席についただけでした。

7回ごろかな、つまみを買いにいった友人が興奮した様子で帰ってきました。


友人「芸能人見た!あの-時効警察の女の人!」


自分「え、それって麻生久美子じゃね?」


友人「あ、そう!その人!」


自分「うそだーーーー!!??」


興奮した僕はつまみのコーナーへ麻生久美子を探しに猛スピードでスタンドを駆け下りていきました。

すると、はっきりとわかる、芸能人が放つまぶしいほどのオーラですぐにわかりました。
さすがに目深に帽子を被っていたけど、すぐにわかった。夫の伊賀大介さんも一緒でした。

「いた・・」

興奮は冷め遣らぬまま、ゆっくりと彼女のあとを追うように歩いていくと・・あろうことか、自分達が座っている席のすぐ斜め前に座ったではないか。

この衝撃的な展開で、ビールのアルコールもいい感じに入っていたので、もうチキる要素はどこにもありませんでした。

「すいません、握手してください!ファンです!」

自分でもよく頑張ったと思う。
ビックリした彼女でしたが、快く?握手をしてくれました。会話はしてないけど、やっぱり綺麗だった・・。

それからというもの、試合などそっちのけで麻生久美子の後姿が気になってしょうがなかったのは言うまでもありません。

プライベートなので、自分らが騒いだら申し訳ないと思い、黙っていましたがいやぁ、こんな偶然ってあるんだね。

最近この人まじいい!ってみんなに主張しまくっていたら、本当に本人が現れた。しかも何も脈絡も無いたまたま行った野球場で。

なおかつ、超近距離。偶然に偶然が重なって奇跡になりました。

試合も面白かったけど、それ以上に一生忘れられない一日なりました。

ますますファンになりました。
伊賀さんと仲むつまじく過ごしていたのはほほえましい半面うらやましい気もしますが、これからも応援していこうと思います。

帰宅してすぐ情熱大陸を見て癒された。笑



こんな偶然人生にめったにあるもんじゃないですね。


あなたの優しいクリックを。
  banner2.gif 

テーマ : 好きな芸能人。
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

maki

Author:maki
慶應大学在学中。

幼少~中学まではアジアを転々とする。
高校から付属校でぬくぬくと育ってきました。
大学生活もラストスパート、就活も終わって来年からは金融業界で働くことになりそうです。

リンクはフリーですので気軽に絡んでください。twitterもやってます。maki1512で出るので気軽にフォローどうぞ。




banner2.gif

FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
友達申請フォーム

この人と友達になる

リンク
フリーです。どんどんリンクしてください♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。