スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の生きる道

本当に心を動かされる本というものはなかなか出会えるものじゃないと思っていますが、この『僕の生きる道』は数少ない「心揺さぶられる本」であると自分の中では位置づけています。

もとはTVドラマで人気が出て、これはそのノベライズ本なので内容はドラマに忠実で特に変わったところはありません。
最近無事復帰しましたが、ドラマでの草なぎ剛の熱演は胸に来るものがあったなぁ。見る見るやせていく様子も非常にリアルで、プロフェッショナルを感じました。問題はあったけど、やっぱり彼はいい役者だと思う。

さて。
自分があと一年で死んでしまうとしたらどうなるだろうか。
この本を読んでいると、一日一日がいかに大切であるか、考えさせられます。そして読み終わったあとは「毎日充実した日々を送ろう」と意気込む。

しかし、人間というのは常に刺激を与えていなければすぐに忘れてしまうので、このやる気もすぐにもとに戻ってしまうんですよね。

主人公の秀雄のように、あと一年しかないという状況に立たされて初めて本気で人は毎日過ごそうと思うのかも知れません。僕自身「今日出来なくても明日がある」ってどうしても先延ばしにしてまいますし。

秀雄のように一日一日を懸命に生きるのはなかなか難しいことだと思います。たぶん、自分にはできない。
しかし、「人生は有限である」ということを理解し、毎日少しずつでも後悔のない日々を送ろうとする姿勢を持つことはとても大事だと思います。

ちょっとずつでもいいから、後悔することのないように日々挑戦を続けていきたいですね。

僕の生きる道 (角川文庫)僕の生きる道 (角川文庫)
(2003/12)
橋部 敦子小泉すみれ

商品詳細を見る




応援よろしくお願いします。クリック一つで喜びます。
  banner2.gif 
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

プロフィール

maki

Author:maki
慶應大学在学中。

幼少~中学まではアジアを転々とする。
高校から付属校でぬくぬくと育ってきました。
大学生活もラストスパート、就活も終わって来年からは金融業界で働くことになりそうです。

リンクはフリーですので気軽に絡んでください。twitterもやってます。maki1512で出るので気軽にフォローどうぞ。




banner2.gif

FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
友達申請フォーム

この人と友達になる

リンク
フリーです。どんどんリンクしてください♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。