スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドルフに告ぐ

なんだか凄いスケールの大きい展開に引き込まれてます。漫画「アドルフに告ぐ」。
前から読みたかった漫画の一つでした。手塚治はやっぱり天才だと思う。

アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))
(1996/06)
手塚 治虫

商品詳細を見る


今日は久しぶりに人と会います。ビアガーデンで飲み会。
今週は派遣で人に会ったくらいしかしていないので、やっとみんなでわいわいできる。

休みって、意外とやることがなくなるもので(特に大学生の場合九月の終盤)、そう考えると極端な例ですが、ファンドマネージャーとかになって若いうちにものすごい稼いでアーリーリタイヤをしたとしても、絶対に働かない生活には飽きてまた何かしらをやりだす気がする。急に何もしなくていいって言われても、逆に難しいでしょう。だからそういう人はまた投資やら何やら考えて行動しだす。

大学生はある意味自由です。自由を与えられています。だからこそ、言われて何かをやるのではなく自分で何かを生み出さなければならない。それが創造。この創造こそ、仕事の上でも重要なことだと思います。0から何かを生み出すってことはとても難しいし、そこでしっかりと創造できる人間がすごいんだと思う。高校から自由を与えられていた自分にはそれがまだわからなかったみたい。

だから、この半年は自分なりにやりたいことを必死に頭を使って考えているつもりです。なかなか行動に移すまでが難しいけど、これだけ時間があるのだから、もっと頭を使ってたくさん創造していきたいです。

クリックお願いします。
  banner2.gif 

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

非常識な成功法則

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
(2002/06)
神田 昌典

商品詳細を見る


何ともうさんくさいタイトルですが、非常に良い本です。結構有名な本だし。
神田昌典さんはフォトリーディングやマインドマップを日本に広めた人として有名ですよね。フォトリーディングは何とかして身につけたいと思っているスキル。なかなか難しいですが。

本の内容としてポイントだと思ったのは「潜在意識」の持つパワーの重要性・大きさ。

人間は知らず知らずのうちに自分の中にあるネガティブな意識によって成功を遠ざけている。
心の奥底では「自分にはできないんじゃないか」といったネガティブな考えがあり、結果としてその意識が存在したままだと、成功も遠ざかってしまう。

だからその潜在意識を取り除かなきゃいけないのです。
例えば目標を紙に書いて毎日眺め、その目標を頭の中に刷り込むことで潜在意識を植えつける。
特に寝る前など、頭が働かないうとうとした状態でこれをやると非常に効果的だそうです。

宗教もそうであるように、「~は正しい」ということを何度も繰り返し聞いていると人間の脳も錯覚を起こし、本当にそれが正しいかのように信じ始めてしまうらしい。うん、確かに。だからひたすら自分の目標を紙に書いて念じるのは効果があるのです。

また目標を明確にしておくと、その目標達成のために必要な情報が自然と入って来やすい。だから達成できる確立も飛躍的に高まるのです。

「紙に書く」ことの効用はかなり自分でも実感していることで、去年から思ったことや目標、やりたいことをノートに片っ端から書き出すことにしていますが、正直劇的に今までと比べても人生が変わったような気がします。大げさではなく。

紙に書いておくといつでも確認できるし、ふとしたところでも思い出す。毎日眺めようことなら潜在意識の中に刷り込まれているので、自然と自分の毎日も行動も変わってきます。

「人生は自分の思い描いた通りになる」的なニュアンスのこともこの本には書いてありますが、常に目標を書き、毎日眺め、潜在意識に刷り込むことで、人生を成功が早まることは間違いないと思います。

クリックお願いします。
  banner2.gif 

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

話題を探る

こう毎日ブログを書き続けていると、やはり話題というものに限界を感じるときが多々ある。
しかし、本来ならば日常には面白いことはたくさん溢れているのであり、ブログの話題がないということは自らが積極的に好奇心を持って、日常を見つめていないことの証拠である。

例えば電車の中にしても乗客を観察してみるとか、電車の一日の乗客数をフェルミ推定してみるとか、色々と頭を使う機会はいくらでもあるわけで、ぼーっとしている暇があったら何か一つ新しいことに好奇心をもって脳みそを使ってみるべきだろう。

たぶん優秀な人は一日中脳を働かせているんですね、きっと。クッタクタになるまで脳が汗を書いたらぐっすりと眠れるだろうし、次の日の目覚めもまたいいんでしょう。

ネットサーフィンをしている時間がいかに非生産的かわかっているのにやってしまうのは「快楽」を求めて自分を厳しい環境におかないという甘えです。
堕落した生活にいつピリオドを打つことができるのか、心配でなりませんわ。


罪と罰 (まんがで読破)



これはなかなかよかったです。
おそらく活字(原作)だと絶対途中で読むのを諦めてしまうと思ったので、とりあえず漫画から入って見ました。

名作を全然読んでいないとなると非常に恥ずかしいのでちょくちょくこのシリーズは読んでみようと考えています。

この「罪と罰」に関してはとても面白かったです。

自らを天才だと信じ、その行為を正義であると思いつつも、罪の意識に苛まれてしまう若き主人公の葛藤。

そんな感じでしょうか。22になってやっと名文学のストーリーを知った自分が少し恥ずかしい。笑


ワンクリックお願いします!
  banner2.gif 

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

敗退と本

慶應負けてしまいました・・4季連続ならず。残念。

慶応・白村、力投むなしく夏終わる/神奈川

白村君は素晴らしいピッチャーでした。プロに行くのかな。大学進学の道も悪くはないと思いますが。

気がつけばもう今の甲子園球児は4つも下なんですね。

特にこれと言った趣味がないですが、高校野球だけは毎年必ずチェックしてました。
いつの日か自分の野球人生も終わり、気がつけば随分下の代の子たちが活躍している。

刺激になることもありますが、少し遠い存在になっていくようでなんだか寂しい気もします。

今年は久しぶりに甲子園に行きたいなぁ。


「事前準備」もしくは「事前リサーチ」というものは大事です。
今でも高校や大学入学時のことを後悔していて、例えばサークル選びなんぞはもっとじっくりと考えればよかったなーなんて思います。事前のリサーチが足りなかった。

そのため、社会人一年目も来年に向けて、スムーズにいけるように事前のリサーチや準備が大事です。

内定したら読む本―社会人としての自分を仕立てる20章内定したら読む本―社会人としての自分を仕立てる20章
(2002/06/14)
楢木 望楢木 望

商品詳細を見る


こんなもん買った↑
まぁ要は志向が極端なんですけど。笑

でも気になった本とかは積極的に読むようにしたいので、ハズレでもとりあえず読んでみる。

何事も最初が大事だと言うし、事前に入念なリサーチをして望むことは必要です。

これ読んで勉強します。笑


ワンクリックお願いします!
  banner2.gif 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

絵空事

漫画とかコスプレとか、「クールジャパン」として注目されているみたいですが、何をもって「クール」なのかいまいち理解に苦しみます。誰か教えてください。


twitterだいぶ慣れてきました。ケータイでもやってみようかな。取り合えずフォローしまくったらちょくちょくいい情報が流れてきて、結構楽しんでます。友達同士でやったらかなり楽しい気がする。それにしてもビジネスアイデアが飽和状態の現代でもよくこういう優れたアイデアを考えるものだ。その思考法を少しでもいいから身に付けたい。


リーダーで色々なブログを毎日チェックしているけど、一番面白いのはホリエモンのブログですね。
六本木で働いていた元社長のアメブロ

ビジネスだけではなく、満遍なく色んな情報を取り上げていてとても参考になります。
どうしたらこんなに色んな情報を処理できるのだろう。漫画とかも読んでいるし。

一日をフルに使おうとしても人間には限界があります。
一個一個のスピードを上げたいんだけれども、それが難しい。やっぱり頭の良さかなぁ。笑


最近読んだ本は森絵都さんの「カラフル」。
ビニールシートではまって違う作品も読んでみました。

カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
(2007/09/04)
森 絵都

商品詳細を見る


ストーリーは死んだ「僕」の魂が、もう一度生きる権利を得て、別の人間の中に入り込むというもの。
入り込んだ先の家庭環境などは一切選べず、その中で生きなければならない。

入り込んだ先の家庭環境がまた訳ありで、それを知っているからなかなか素直に生きることができない「僕」。偽善者の父に不倫する母、無関心な兄。
そんな環境に絶望しながらも、ともに過ごすことで少しずつ見えてくる真実。
その展開にドキドキして一気に読んでしまいました。そして最後には意外な結末が待っています。

なんというか、とても心がほっとするような感覚にさえてくれるいい本です。オススメ。



面白いと思わなくてもとりあえずクリックしてみてください。笑
  banner2.gif 

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

maki

Author:maki
慶應大学在学中。

幼少~中学まではアジアを転々とする。
高校から付属校でぬくぬくと育ってきました。
大学生活もラストスパート、就活も終わって来年からは金融業界で働くことになりそうです。

リンクはフリーですので気軽に絡んでください。twitterもやってます。maki1512で出るので気軽にフォローどうぞ。




banner2.gif

FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
友達申請フォーム

この人と友達になる

リンク
フリーです。どんどんリンクしてください♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。